スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
心の内に日の丸を
多くの方々に多大なるご協力とサポートを頂き、今年の秋より海外留学できることとなりました。

お世話になった方々への感謝を込め、米国の地で自分が感じたこと、考えたことを気ままにここに綴っていきたいと思います。

初心を忘れぬよう、以下に挨拶状の文面を引用します。


『拝啓 皆様には益々ご清祥のことと存じます。
 
 さて私こと、本年7月より2年間、米国ペンシルバニア大学ウォートン校の経営学修士課程に留学することに致しました。弁護士として、また官邸時代を通じて、皆様には公私にわたり格別のご高配を賜り、心から厚く御礼申し上げます。

 多くのMBA主要校では今年、日本人の受入が半減したとの由。これ以上JAPANが色あせたと言われぬよう、心の内に小さな日の丸を背負い、微才を奮って精進して参る所存でございますので、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 敬具 』
スポンサーサイト
【2008/06/01 21:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界一うるさい消費者
ちょっとした縁がきっかけで、ワイングラスの形状とワインの味の関係について最近勉強させてもらう機会があった。

四方を囲む黒い壁に、天井から垂直に落ちるピンスポット。青山のビルの地下で案内されたのは、まさにワインを飲むことだけに極限まで集中するために作られた怪しい部屋だった。指示に従って一本のブルゴーニュを異なる形状のグラスに次々と移し替えて飲み比べてみると、あるグラスでは甘くまろやかに、またあるグラスでは酸っぱくひらたい味に、まるで手品のように表情を変えていくワインたち。いやはや、畏れ入った。

「当社は世界中でマーケティングをしているが、実は日本が世界で一番返品率が高い。ガラスについた細かい気泡でも、日本ではすぐにクレームの対象になる。」とは、案内をしてくれたリーデルジャパンの友人の談。こうした微細な品質の違いに徹底的にこだわり抜く「世界一うるさい消費者」こそ、「ものづくり日本」をこれまで支えてきた、日本のかけがえのない社会的資産の一つなのかもしれない。それにしても、こうした体験型「ワークショップ」という独特なマーケティング手法を引っさげ、そんな厳しい外国市場で真っ向から品質勝負を挑むオーストリアの老舗グラスメーカーの自信と自負はあっぱれだ。

今日は、心許せる友人・先輩達が、僕の送別のために思い思いのワインを持ち寄ってくれた。グラスとワインの関係などどうでもよくなるまで飲んだ夜でした。

sommeliers_4400-16.jpg
【2008/06/10 03:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。