FC2ブログ
悪夢の公開討論
選挙2日目。苦労した音楽ビデオもようやく技術的な問題をクリアし、全校生徒に案内を出せた。一日出遅れたハンディはあるが、反応はまずまずのようだ。

今日は選挙期間中の最大のハイライト、公開討論会の日だ。G06という大講堂で、生徒たちの前で全スレートが一同に会する。討論の様子はビデオ録画され、公開される。英語が母国語でない僕にとっては間違いなく本選挙最大の難関だ。

あなたのスレート(チーム)の特徴はなにか?最初の90日で何をしたいか?などある程度予想された質問をなんとかこなしていく。やはり、ライバルスレートはどこもそつがない。もうすぐ終わりだと思い始めたころ、司会者から魔の質問が出された。

“If you were to vote for another team, who would it be? Let’s start from Shock the Vote.”

頭が一瞬真っ白になった。運の悪いことに、うちのチームから最初に答えなくてはいけないようだ。Davidが「いい返しがあるから任せろ」とこちらに向かって叫んでいる。でも、これはあきらかにPresident候補に向けられた質問だ。みんながこちらを見ている。

「各スレートの公約は昨日発表されたばかり。こんな早い段階で投票するのは人気投票になってしまうので、僕は誰にも投票したくない。あと一週間、じっくり僕らの論戦を聞いてほしい」

顔を上げると、肝が冷えるようなしらーっとした雰囲気が会場に広がっている。司会者がにやにやしながら、「質問の意味がわからなかったようだね。どうしても投票しなくてはいけなかったらどうするの?」と畳み掛ける。もごもご同じ主張を繰り返そうとすると、「では次」。会場の何人かの友人らが頭を抱えるしぐさをしたのが見えた。他のスレートは、さらっと適当なチームをお互いに指名するなどして問題なくこなしていった。

討論後、普段明るいチームメンバーらが、いずれも口数が少ない。簡単に”good job today” とだけ声をかけあって、それぞれの授業に散っていった。「大丈夫、まだあと6日もある」と自分に言い聞かせ、疲れが溜まった体を引きずって午後の会計の授業に向かった。

【2009/03/12 09:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
投票日
夕方5時、長い長い選挙戦が終わった。主戦場となったMBAカフェでは、夕日に照らされながら各陣営のブースに疲れきった表情の候補者達が椅子にもたれかかっている。誰とはなく少しずつお互いに口を開き始めると、堰をきったように選挙の裏話などに一気に花が咲きはじめる。開票結果はまだだが、みんな少し晴れ晴れとした表情だ。

午後6時、各スレートのプレジデント候補の携帯が鳴り、プログラムオフィスへの集合を命じられる。緊張に耐えられなくて早くもパブに飲みにいってしまった残りの三人を急いで呼び戻し、会場へ向かう。他の4スレートは既にすべてそろっている。いよいよ開票結果の発表だ。

現会長のJoanneからまず全スレートの健闘を讃えるあいさつ。そして、副会長のChristineからいよいよ発表。

“It was a very very close election. Next year’s WGA Board will be,,,,,
Shock the Vote!!”

一瞬の沈黙。みんな何度も頭の中でこの瞬間をシミュレートしたはずなのに、勝ったスレートもそうでなかったスレートもどういう反応をとったらいいのか戸惑っている。ゆっくりとMihir, Andrea, Davidが近づいて来て、感無量という表情でお互い抱き合う。しばらくして、ようやくCongratulationsの声が交わされ始める。Andreaが泣いている。現執行部もなぜか泣いている。あとはよく覚えていない。

我々だけが残って簡単な事務連絡を済ました後、現執行部がおもむろによく冷えたシャンパンを一本取り出してきた。

“Congratulations”

細かい金色の泡が立ち上り、甘みと酸のほどよいバランスに全員の表情がほころぶ。また誰かが泣いてる。ありがとう、ありがとう。大勢の人に心の中で感謝の言葉を繰り返す。

シャンパン
【2009/03/19 15:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |