スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
公示前夜
明日が公示。

今日は全候補者が集まって選挙ルールの説明が行われた。
・ 選挙費用は上限$250まで
・ キャンパス外の公衆スペースでの選挙活動は禁止
・ 全校生徒へのマスメールは各スレート3通まで
・ クラブ推薦の禁止
などなど

それぞれの規則に歴史的経緯があるのだろう。割合詳しく定められている。

そして各スレートのウェブサイトも出揃った。我々のものは元Sonyの親友Sが徹夜で作ってくれた力作だ。でも、ほかのチームもいずれもしっかり準備してきている。さあ、いよいよだ。

<キャンペーンサイト一覧>
Shock the Vote (http://shockthevote2009.com/)
Wharton Bridge (http://whartonbridge.com/)
Wharton Family (http://www.votewhartonfamily.com/)
Let’s Go Long (http://whartonletsgolong.weebly.com/)
Change Wharton 2010 (http://changewharton2010.com/)
スポンサーサイト
【2009/03/10 04:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
選挙戦スタート
いよいよ今日から1週間の選挙戦の公式スタート。朝8時に学校に集合してまずは全教室の壁にポスターを貼って回る。ところがいざ教室についてみると、既にいくつかのスレートが一番いいポジションに自分たちのポスターを確保している。早い。

次に、学生がもっとも集まるハンツマンホール2階のMBAカフェにブースを設置して、通りがかりの友人や同級生らにアピールを開始する。各スレートともいろんな工夫をこらしていたが、Shock the Voteの赤いブースが一番目立っていたよと何人かが誉めてくれた。

我がスレートの一番のヒットは、Andreaが作ってくれたShock the Voteシール。これを大勢の友人らが次々にTシャツやリュック、授業で使うネームカードに貼って歩き回ってくれている。選挙戦の開始と同時に、文化祭のような熱気が学校全体に広がり始めているようだ。

STV White w sloganweb


夜、我が家で小さなパーティを開く。一番近いサポーターの人たちを招待して、これまでの協力への感謝と今後一週間のサポートのお願いの趣旨だ。1年生、2年生あわせて40人ぐらいが来てくれて、お酒を飲みながらくつろいだ雰囲気。普段はそんなキャラじゃない2年生のSさんが、なんと我々のロゴをかたどったカップケーキを作ってきてくれたのには泣いた。

P1000468web.jpg


最後に一言挨拶。

“Shock the VoteのVサインは、Student VoiceのV, Vision for ChangeのV, そして一週間後には必ずVictoryの Vになります!”

どんな結果になるかわからないが、一週間とにかく全力で走り抜けたい。
【2009/03/11 23:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。