スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
破鐘ヲ仰ギテ
『東海散士、
一日費府(フィラデルフィア)ノ独立閣(インディベンデントホール)ニ登リ、
仰ギテ自由ノ破鐘ヲ観、俯テ独立ノ遺文ヲ読ミ、
当時米人ノ義旗ヲ奉テ英王ノ虐政ヲ除キ、
卒ニ能ク独立自主ノ民タルノ高風ヲ追壊シ、
俯仰感慨に堪ヘズ、愾然トシテ窓ニ寄テ眺臨ス。
會に姫アリ。
階ヲ繞テ登リ来ル。』


壮大なスケールとロマンを感じさせる書き出し。1885年に刊行された明治のベストセラー小説『佳人ノ奇遇」はここから始まる。会津の遺臣である主人公の東海散士(とうかいさんし)は、西欧各国の美女達と複雑に絡み合いながら、世界を舞台に破天荒な政治的冒険に旅立っていくのだ。

作者の柴四朗氏は、元会津藩士。少年期に戊辰戦争に従軍し、敗戦で一家のほとんどが自刃してしまった。しかし彼はめげることなく、維新後は東京で苦学して英語とフランス語を身につけ、ついに三菱財閥の岩崎弥太郎の援助でアメリカに留学させてもらうこととなった。

そして1885年、柴氏は世界初めてのビジネススクールとして誕生したばかりのWhartonを卒業する。栄えある第1期卒業生5人の一人として。そう、世界で初めてのビジネススクール留学生は、実は、日本のサムライだったのだ。

帰国後、柴氏は熱海で病気の養生をしながら、自らの留学中に綴った10数冊に及ぶ手書きのノートをもとに、「佳人之奇遇」を13年間に渡り書き下ろしていく。自分の目と耳で感じた帝国主義の脅威、すなわち世界各国の植民地化を進める西洋列強の生々しい権力闘争の実態を、日本への強い警鐘として伝えることを自らの使命と考えていたに違いない。小説の手書きの一文字一文字からは、その憂国の思いの深さがもの凄くリアルに伝わってくる。

時代も技術も進歩した今日。僕らが書いているblogなどは、その重みや希少性などどれをとっても当時とは比べ物にならない。でも、100年以上前の大先輩も同じように悩み、悶えていたかと思うと、心地よい連帯感を感じる。もっとずっと苦労しながら、同じ自由の鐘を眺め、日本の将来のことを真剣に心配していた先人の姿が目に浮かぶ。僕らも、もっと頑張れるはずだ。もっともっとやれることがあるはずだ。

Whartonでの時間もいよいよラストの半年。柴氏が卒業したのは、今の僕と同じ33歳。東海散士のように世界中の美女を救うことはできなくても、自分がこの2年間で考え、触れ、感じたことを必ず日本の社会に還元しよう。

見えてきた道筋の、答えをしっかり出す。
これを今年の抱負とします。

皆さま、本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

佳人の奇遇

【独立閣遠眺の図(「佳人之奇遇」第一巻より)】
スポンサーサイト
【2010/01/03 16:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハイチ地震
今週、テレビ各局はハイチ大地震の映像一色。Anderson Cooper, Diane Sawyerなど各局のエースキャスターが次々と現地入りして腕まくりしながら倒壊した瓦礫の山を前に生々しいレポートを連日伝えている。ハイチは地理的にも米国に近いせいか、非常に関心が高い。あるラジオパーソナリティは、興奮のあまり『ハイチに比べれば、カトリーナなんて夕立みたいなもんだ』などと口を滑らしていた。

実は、Whartonにも現在ハイチ出身の学生が3人いる。少なくとも一人については、今回の地震で近親を亡くしたことが確認され、現在、被災地へ渡航のさなか。残りの2名については、まだ家族、親類、友人らの被害状況は確認できていない。Whartonは国際色が強いことで知られているが、こういう機会に触れるたびに、いかに自分たちが自覚せずとも世界の隅々と繋がっているかを、あらためて思い出させられる。

そんな同僚へのシンパシーも手伝ってか、先週から、多くのWharton生の間で自発的にハイチの災害救援のための寄付金を集めようとの機運が盛り上がっている。自治会も少しでも助けになればということで、学生から集まった寄付金一ドルごとに、WGAからも一ドルをマッチアップする形で国際赤十字に寄付することとした。今週前半までに学生から集まった寄付金をハイチの被災者に送るつもりだ。

日本は、世界有数の地震先進国だ。耐震技術も、震災被害への対応についても様々な優れたノウハウをもっているはずだ。こういうときにこそ、日本の国際的なリーダーシップ発揮を期待したいが、少なくともこちらの報道ベースでは残念ながら日本の貢献をまだ目にしていない。本当はやっているが、PR下手の問題なのかもしれない。が、いつも不安定な国内政局の対応にエネルギーを注がれている代償として、日々こうした目に見えない機会損失を被っているのではないかと心配になる。リーダーシップの評価は、平時ではなく、危機対応においてこそ厳正に注視されていることを、自覚しなければいけない。

ハイチの人々の苦悩と哀しみに、あらためて心から哀悼を捧げたい。
【2010/01/18 15:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。