スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
メドックマラソン体験記(3)
マラソンから一夜。宿泊先のシャトーコルディアンバージュからボルドー空港に向かってブドウ畑の間を猛スピードで飛ばしながら、昔、マラソンが大好きな司法研修所の教官が話してくれたエピソードを思いだした。

『マラソンは、後半に入ってくると本当につらくなる。
もう絶対ゴールできるわけがないと、何度も気持ちが折れそうになる。
そういう時は、とにかく遠くのゴールのことは忘れる。
そして一つ先の電信柱までなんとか辿りつくことだけを考えるんだ。
そして、その電信柱まで辿りついたら、また次の電信柱。
そこまでだけはなんとか行ってみよう、と頑張ってみる。
そうやって目の前の電信柱を一つずつクリアしていくんだ。
そんな気の遠くなるような作業の繰り返しが最後はゴールまで連れて行ってくれるんだ。』

教官が僕らに伝えたかったのは、きっとマラソンだけに留まるメッセージではない。心がくじけそうなとき、諦めそうなとき、手の届く目の前の小さな目標をしっかり見据えてくじけることなく前に進み続けることの大事さ。たくさんのおいしいワインと人生の色んなヒントを教えてくれたメドック村、ありがとう。

375-2.jpg

スポンサーサイト
【2009/09/13 16:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<来年のホスト校に立候補 | ホーム | メドックマラソン体験記(2)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shockyou.blog19.fc2.com/tb.php/32-c82c841f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。