FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本を見る視線
Huntsman Hallの最上階。西向きのカンファレンスルームからはスキューキル川の向こうに広がるフィラデルフィアの市街が一望できる。夕方この場所に立つと、オレンジ色のグラデーションを背景にガラスの摩天楼群が浮かび上がり、フィラデルフィアでも随一の夕焼けが映画のように迫ってくる。

普段学生にはあまり解放されることのないこのフロアが、今日は大勢の背広姿のVIP達で埋まった。年に2回、Wharton Alumni BoardとしてWhartonの主要OB約80名ほどが学校に招待され、Whartonの現状や今後の戦略展望などについて話合う。日本の村津会長をはじめ各国のAlumni ClubのPresidentたちも参加し、世界に広がるWhartonネットワークの凄みを感じさせるフォーラムだ。ここでは、学校の様々な長期戦略が話し合われると共に、学校の寄付金集めの重要なエンジンとしての役割を果たしている。

夜は着席のディナーレセプション。
Alumni Boardの会長を務めるJon Huntsman Sr.が乾杯の音頭をとる。将来の大統領候補といわれる元ユタ州知事で現中国大使のJon Huntsman Jrの父親だ。学校への多大な貢献への感謝としてDean's Medalを贈られたWilliam Mack (W'61)氏への祝辞に託して、こんな言葉を贈った。

" If you don't have integrity, nothing else matters. But if you have integrity, nothing else matters. "

僕の隣に座ったのは、米国の公務員・軍人の退職年金等を全て管理しているFederal Retirement Thrift Investment BoardのChairman、Andrew Saul氏。小柄の元気なお爺ちゃんだ。座るなりワインで少し顔が赤くなった顔を近づけてきて、日本に関する質問がマシンガンのように飛び出す。

「君は日本人らしいな。今年の夏の日本の政権交代について詳しく教えてくれ。」
「日本はなんで大きな政府に向かっているんだ。財政はどうするんだ。アメリカから離れて中国に近づこうとしているというのは本当なのか」

そして最後に、

「なんで日本ほどの国が、ここ何十年も足踏みしているんだ。
あんなに優秀な人材も、資本もあるのに。Whartonにも大勢来ていた。
日本はこれからどうなるんだ、教えてくれ。
再び復活してくるのか、
それともこれでおしまいなのか。」

Bush大統領をはじめ共和党の有力なスポンサーだというSaul氏のあまりに重い最後の一言。でも、これが多くのアメリカの知識人の日本に対する偽ざる視線なのかもしれない。大きく息を吸い込んで、精一杯強がってみせた。

「日本は必ず復活します。見ててください。」

philadelphia sunset
スポンサーサイト
【2009/10/22 19:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新しい命 | ホーム | WGA Mid-Year Retreat>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shockyou.blog19.fc2.com/tb.php/38-85d66a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。