スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Thank You, Thank You, and Thank You
卒業式を終え振り返ってみると、
Whartonで過ごした2年間という時間の特殊な密度を改めて実感する。

100年に一度と言われる金融危機を目の当たりにし、
ワールドシリーズ優勝直後の暴動に巻き込まれ、
オバマ候補の集会で声を枯らし、
退任直前のブッシュ大統領と握手をした。

場末の酒場でスタンドアップコメディーに挑戦し、
海兵隊の訓練で一晩中上官に怒鳴られ、
巨大なミュージカルでサックスを吹き、
南極でペンギンと戯れながら元旦を迎えた。

投資銀行でインターンをさせてもらい、
フィリーの中小企業に戦略コンサルティングを行い、
非営利法人の最高責任者として数十人のスタッフを指揮し、
人生で初めて選挙にもでた。

そして、可愛い家族が一人増えた。

ビジネススクールでの学びは決して、「ビジネス」に限定されない。
それよりももっとずっと広いフィールドにわたるものだ。
それはたとえるなら、仕事や家庭を問わず、人生のあらゆる場面で、視点を定め、決断を下し、行動していくためのレンズのようなものかもしれない。それは規格品ではなく、自分の個性や価値観に合わせてカスタムメイドされた、特別な特別なレンズだ。

そんな世界に一つだけのレンズを手に入れられたなら、
どんな苦労や犠牲を払ったとしても、
ビジネススクールに来て本当によかったと思えるに違いない。

謙虚な感謝の心で、
今後も一生懸命そのレンズを磨き続けていこう。


このブログをこれまで読んでくださった皆さん、有難うございました。この2年間、本当に大勢の恩人、先輩、友人の皆さんの温かい声援とサポートに何度も勇気づけられ力を頂きました。あらためて心から感謝申し上げます。今後はWhartonの交換留学プログラムで2か月ほどパリ郊外にあるINSEADというヨーロッパのビジネススクールで過ごした後、帰国します。本ブログとしてはこれがおそらく最後のエントリーになると思いますが、またいろんな形でこれからもお付き合いをお願いします。

スポンサーサイト
【2010/05/31 16:38】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | A Story of a Samurai (追記)>>
コメント
お疲れさま。

結局一度もこっちで会えなかったけど、自分でも納得のいく2年間だったようで良かったな。

新たなレンズを手に入れた今、日本がどんな風に映って見えるのか、今後どのような道を進むべきか、また飲んで語り合いたいもんだ。

いつかどこかで互いの道がクロスするといいな。
【2010/09/01 06:31】 URL | 大裕 #3uelx2vk[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/09 05:33】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shockyou.blog19.fc2.com/tb.php/67-9295ef95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2012/11/02 04:32】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。