スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
亀鑑の碑
先日、ある知り合いの方からの依頼で、ペン大のすぐそばにあるWoodlands Cemeteryという霊園を訪れた。依頼の内容は100年以上前にここに埋められた、ある日本人のお墓を探して写真をとってきて欲しいとのことだった。

フィラデルフィアの弁護士Andrew Hamiltonの邸宅の跡地に、1840年に造られたWoodlands Cemetery。ペン大のキャンパスから徒歩わずか10分ほどの場所に、1000本以上の樹木と美しい芝生に囲まれたビクトリア調の美しい霊園が53エーカーもの広大な敷地に広がっている。

ゲートを抜け、曲がりくねった道路をしばらく進むと白い二階建てのオフィスに辿り着いた。探している人のお墓の場所を尋ねると、デスクに座っていた案内役のおばさんがすぐに黒い著名埋葬者ファイルをもってきて、「ここよ」と指し示してくれた。

その方の名前は馬場辰猪(ばばたつい)。ファイルには、馬場氏のお墓の場所と共に、以下の略歴が記載されていた。

28. Tatsui Baba (1850-1888) G#130
This statesman was an important figure in the Japanese democratic movement of the 19th century. Baba was educated at Yukichi Fukuzawa's private school (later Keio University) and received a degree from Temple Law School in England. When he returned to Japan in 1878, he embarked on a political career, which included founding the Kokuyukai Society and becoming a leader in the Jiyuto, or Liberal Party with Taisuke Itagaki. Baba eventually left the party, but by that time he had been labeled a radical and was forbidden to speak publicly. In 1885, he was arrested on a charge of illegally purchasing explosives and spent several months in detention. When he was acquitted in 1886, he moved to the United States, eventually settling in Philadelphia. Baba continued his political activism, publishing a pamphlet in 1888 entitled "Political Condition of Japan, showing the Despotism and Incompetency of the Cabinet and the Aims of the Popular Parties". He died in that same year in Philadelphia.


baba tatsui


明治維新後まもなく、板垣退助氏らと共に自由民権運動の旗振り役として活躍した馬場辰猪。そんな明治の偉人の墓は霊園の通行路から数十メートルほど奥に入ったところにひっそりとたたずんでいた。墓碑には大きく、「大日本馬場辰猪之墓」と刻まれている。周りがきれいに芝生が刈り取られている中、辰猪の墓の一角だけは笹が生い茂り、同氏の数奇な人生を象徴するように一種独特の雰囲気が漂っていた。

1870年代、英国留学から戻った馬場辰猪は板垣退助らと共に憲法制定、議会開設、言論と集会の自由の保障などを掲げて自由民権運動の普及に走り回った。ところが、これを快く思わない薩長政府の分断政策により、1882年に辰猪は自由党から追放される。以降、政治演説の禁止命令を受け、爆発物取締の疑いで逮捕されるなど、政府からの迫害を受け続けた結果、亡命するように1886年に渡米する。

サンフランシスコについた馬場辰猪は、当初日本の鎧や刀などを通じて日本の政治/文化を紹介する講演を試みた。ところが、この講演は不評に終わったため、より大きな聴衆を求めて東海岸へ移動、当時憲法制定100周年記念行事で沸いていたフィラデルフィアに安住の地を得た。ペン大やFranklin Instituteを中心に日本政治への批評や自由民権運動に関する講演を続ける一方、某大な数の新聞記事やエッセイを綴り、言論統制を行い続けていた当時の明治政府に外からプレッシャーをかけ続けようと試みた。ところが、わずか2年後、持病の肺結核を悪化させ、フィラデルフィアで38歳の若さで亡くなった。当時、ペン大で辰猪に世話になっていた岩崎久弥氏(三菱創業者の岩崎弥太郎の息子)が、看病、葬式などの世話を引き受け、上記の墓碑を建立したそうだ。

100年以上も昔の話。まだインターネットどころか電話もろくになかった時代だ。故郷高知を離れ、理想に燃えながら、一人遠い異国の地で志半ばに若い命を終えた馬場辰猪の思いは、どんなものだっただろう。祖国に裏切られた苦い無念の気持ちだったのか。それとも、不屈の意志で講演や執筆活動を続けながら、いずれ帰国する日を夢見ていたのか。寂しげに立つ墓碑からは伺い知ることはできない。しかし、言論の自由を求め命がけで闘い続けた同氏が、アメリカで言論の自由の先駆的判決(Zenger Trial 1736)を勝ち取ったHamilton弁護士の由縁の地で最後の眠りについたことには、何か不思議な縁のようなものを感じる。

慶応義塾の創始者福沢諭吉は馬場辰猪の死を悼んで

「君は天下の人才にしてその期するところもまた大なると言へども、吾々が特に君に重きを置きて忘るることあたはざる所のものは、その気風品格の高尚なるにあり。百年の後、尚ほ他の亀鑑(模範)たり」

と述べ、その精神の独立を激賞した。

不遇や挫折にもめげず、38歳の短い生涯を全力で駆け抜けた馬場辰猪。

その墓碑の文字は
「本当に懸命に今の一日一日を生きてますか。」
と訪れる者に静かに問いかけているかのようだった。

IMG_0294_web.jpg
【2010/05/01 13:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
未来の自分への手紙
昨日はTotal Leadershipという授業の最終回。みんなでワインを持ち寄り夕食を食べながら自らの3ヶ月間の軌跡を語り合う形でのちょっとかわった最終講義となった。僕がこの2年間とった授業の中でも最もTransformationalなコースの一つだ。

教壇に立つのはStew Friedman教授。ラーニングチームや360度評価システムなど現在のWhartonのリーダーシップ教育の体系を構築した有名教授で、現在はオバマ政権でWorkplace Flexibilityに関するWhite House Forumの一員を務める。従来のリーダーシップ論が「仕事」の分野のみにフォーカスしがちなのに対して、Total Leadershipでは人生を「仕事」、「家庭」、「コミュニティー」、「自分」の四象限に分けてそれぞれの相互作用を自覚し、絶えず調整していくことを通じて、トータルで充実した人生を送ることを目的としている点が特徴的だ。授業では、彼が昨年出版したTotal Leadershipというテキストに従って、毎回課題をこなしていく。


Total Leadership: Be a Better Leader, Have a Richer LifeTotal Leadership: Be a Better Leader, Have a Richer Life
(2008/05/06)
Stewart D. Friedman

商品詳細を見る

(ちなみに、このTotal Leadershipという本は非常によく書かれていて、学生の中には授業をとらなくてもこの本さえ読めばほぼポイントはつかめると豪語するものもいる。ただ、個人的にはこの本に書かれている内容を体得するには単に内容を理解するだけではなく、実践することが非常に重要で、よほど自分を律せる人でなければ授業課題の形式をとらなければ一人で最後までやりきるのはなかなか大変だろうなとは思う。)

コースは大きく3つのステップから構成される。第一ステップのテーマは、Be Real。価値観や将来ビジョンといった「自分とは誰か」という問いを内省とコーチングを通じて徹底的に掘り下げ確認していく。一見簡単なように見えて、いざ書き出してみるとなかなか難しく、新たな発見がたくさんある。そして自分を形作っている多くの要素が、忘れかけていたような遠い過去の体験に起因していることに何度もはっと気づかされる。

第二ステップのテーマはBe Whole。「仕事」「家庭」「コミュニティー」の各分野で自分を取り囲む重要な人生のステークホルダー達を洗い出し、お互いの相手に対して抱いているExpectationについて率直に語り合うStakeholder Dialogueを持つ。このカリキュラムの中で、多くの学生が当初最も強い心理的抵抗を感じ、終わった後には最もtransformationalな変化を自分に及ぼしたと述べるこの授業の目玉部分だ。

最後ステップのテーマは、Be Creative。第一ステップで「自分」を確認し、第二ステップで自分を取り囲む様々な「期待」を確認したうえで、最終段階ではこれらをより上手く調和させるための「実験(experiment)」に取り組む。自己分析に基づき自ら考案したExperimentを携え、現状に変化をもたらす行動を開始する。家族と一緒に地域のボランティアを始める人もいれば、週に一度「メールを見ないデー」を定める人もいる。一つ一つは些細な取り組みに見えるが、そこにはまさにstatus quoを変える際にぶつかるであろう様々なleadership challengeが待ち構えていて、行動を通じてさらに自分なりのLeadership styleを完成させていく。

あるときStewに、「どうやってこの理論を構築したのか」と聞いてみた。10年ほど前、Stewのところへある日フォードの経営陣から連絡があり、仕事のストレスで悩んでいる会社幹部達のための幹部研修プログラムをつくってほしいとの要請がきたそうだ。当時、授業でリーダーシップの基礎スキルを教える傍ら、マネジメント学部でワークライフバランスの研究を進めていたStewは、これをきっかけにリーダーシップとワークライフバランスの考えを統合する試みを開始。多くのデータ分析を通じ、家庭やコミュニティーなど仕事以外の分野での満足度が高まると、仕事のパフォーマンスも平均して9-20%向上することを突き止め、従来型のWorkとLifeのトレードオフの関係を超越したTotal Leadershipの理論的なベースを構築したそうだ。

授業では上記3ステップ以外にも、Story TellingのワークショップやSocial Capitalに関する演習、コーチングトレーニングなど一般的なリーダーシップコースの要素もふんだんに盛り込まれている。この2年間、ラーニングチームでのフィードバック練習から始まり、リーダーシップフェローやWGAでの実践など多くのリーダーシップトレーニングの経験を積んできたが、Total Leadershipは文字通りこれらの集大成と言えそうだ。少しずつ書き溜めてきた自分の進捗レポートは、気がつけば 20000 wordを超えた。これだけでも貴重な人生のスナップショットだ。

夕食の席で発表された最後の課題は、それぞれ未来の自分に対して手紙を書くこと。未来の自分に考えてほしいこと、覚えていてほしいこと、取り組んでほしいこと。書き出すとあっという間に用意された便箋が一杯に埋まっていった。手紙はStewが頃合いを見て、各自に郵送してくれるとのこと。Whartonを卒業しても、この手紙の内容を素直に受け止められる自分であり続けることを願いたい。

Stew Friedman 教授
stew.jpg


【2010/04/28 00:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
MBA Peer School Forum 記事紹介
先日のPresidents' Summitにつき、複数のメディアから取り上げて頂きましたので、代表的なものをご紹介いたします。

Financial Times
MBAs form club of their own
http://www.ft.com/cms/s/0/994495f2-4ec4-11df-abb5-00144feab49a.html

Business Week
B-School Student Presidents Form Group
http://www.businessweek.com/bschools/blogs/mba_admissions/archives/2010/04/b-school_studen.html

Stacy Blackman blog/BNET
MBA Peer School Forum’ Launched By 7 Top Programs
http://www.stacyblackman.com/2010/04/23/mba-peer-school-forum-launched-by-7-top-programs/

MBA Channel

Student presidents launch ‘MBA Peer School Forum
http://www.mba-channel.com/channel/article/student-presidents-launch-mba-peer-school-forum

The Daily Buzz News
Student Government Presidents from Seven Top Schools Launch MBA Peer School Forum
http://viralstash.com/dailybuzz/8555/student-government-presidents-from-seven-top-schools-launch-mba-peer-school-forum/
【2010/04/24 00:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Presidents' Summit 2010 @ Wharton
週末3日間にわたりWhartonにてPresidents’Summitが開催された。

ほとんどが白人男性だった去年に比べて今年は新旧プレジデント14人中女性3名、アジア系が6名とよりdiverseなメンバー構成となった。Columbiaで初めてCommunity Contractという倫理綱領の採択を実現したBrannon、Kelloggの新学長の選任に関わりAngolaで初めての大学設立に情熱を燃やすBryanなど卒業を目前に控えた前プレジデント達は去年からまた一回り自信をつけたようで、堂々としたものだ。他方、選出されたばかりの新President達はどこか初々しさをのぞかせ、やや緊張気味。ただ、そこはさすがにMBA主要校を代表する面々。鍛え抜かれたファーストインプレッションとフランクさで、サミット会場はものの一時間もしないうちに一気に打ち解けた雰囲気となった。比較的新しいWhartonの校舎に他校のプレジデント達が口ぐちに羨望と称賛の声をあげていたのが、ホスト役としてはちょっと嬉しい。

P1010567_web.jpg


二日目は、朝7時半から夕方7時まで、丸一日かけて徹底的にディスカッション。Forumの設立趣意書に厳粛に署名を交わした後、Academic, Social, Recruiting, Alumni Affairs, Social Impactなど事前に定められたテーマごとに自分の学校での取り組みや課題を紹介しあった。一般的なMBAカルチャーとして、入学段階で複数校が優秀な学生をとりあうからか、学校間の連帯意識よりもライバル意識の方が前面に出る傾向があるのだが、今回は、個別のディスカッション内容は非公開という了解のもと、各校それぞれが相当踏み込んで成功事例のみならず、自校の抱える問題点や弱点などについても率直にシェアした。普段はなかなかのぞき見ることができない他校の本音と実情は刺激にあふれたもので、12時間近いディスカッションの間も、発言が途切れることはなかった。

これまではほとんど学生自治会レベルで交流することが少なかった各校だが、議論を通じて、各校間で共通する多くのテーマを確認することができた。世界的に景気が低迷する中、BankingやConsultingなどこれまでの典型的なMBA就職ルート以外の新たな就職機会をどのように開拓していくべきか。より経済のグローバル化が進むなか、校内のエスニックコミュニティーのモザイク化に歯止めをかけ、どうやって真のcultural integrationを促進していくか。社会的起業(social entrepreneurship)や非営利事業など、MBA学生の関心が急速に高まっているsocial impactの分野に有用な人材を供給する仕組みをどう構築していくか。いずれも非常に難しく、かつ、重要なテーマだ。

中でも白熱したのが、MBA倫理に関する議論。授業中に平気で携帯電話を鳴らす学生や、就職活動を優先して授業に遅れてくる学生といった問題はどの学校も抱えているようだが、この問題のルーツは単なるStudent ethicsの問題にとどまらず、そもそもMBA学生の本分とはなにかといった哲学的な議論に遡る。一つの考え方は、MBA学生もあくまで”Student”ある以上、学業を第一にするという宣誓のもとに入学を許可されているのであって、学校のNormに反する行動をとることは許されないとする考え。他方、MBA学生はお金を払ってビジネス教育を受けにくる大人の”Customer”なのだから、学生個々人の人生のプライオリティに従って自由に行動すべしという考えも根強い。面白いことに各校ごとにこのStudent ? Customer軸のどこにカルチャーの重心があるのか、かなりの違いがある。Studentマインドが強くクラスルーム重視の学校もあれば、Customer志向が強く就職活動や課外活動が盛んな自由な校風の学校もある。Whartonはちょうど両陣営の真ん中あたりに位置する感じだ。


二日目の夜は、某鉄人シェフの名を冠した和食店 Morimotoで賑やかに夕食会。旧プレジデント達が、自身の経験からのアドバイスをそれぞれ新人たちに披露。それぞれの一年間の苦労に裏付けられた示唆に富んでいる。

"Whenever you respond to something, write it like it would appear on the cover of the WSJ”
“Remember that the people who give you push back are not your enemies, but your biggest allies.”
“Ask for forgiveness, not for permission.”
“You’re not going to please everyone. Know this going in.”
“Do the work yourself, but give credit to others"


その後、2次会と称してWhartonの合格者向けのレセプションに乱入。サービス精神旺盛なPresidentたちは、Whartonのサンバドラム隊の演奏に合わせて合格者400名の前でアドリブで踊ってくれた。会場はもちろん大盛り上がり。

最終日、Summitを締めくくりにあたり来年のホスト校を募集したところ三校が直ちに名乗りを上げた。今後は月に一度の頻度で新プレジデント達が定期的に電話会議を続けていくことが確認され、academicやsocial responsibilityの分野ですぐにも多くの協調プロジェクトが動き始める気配だ。

MBA Peer School Forumの創設は、MBAの新たな社会的ポテンシャルを模索する大きな潮流の中の、小さな小さな第一歩に過ぎない。しかし、この小さな一歩が、間もなく卒業する我々の世代を超え、5年後、10年後の後輩たちにとり学校の枠組みを超えた大きな活躍の舞台に育って行ってくれることを願いたい。


_MG_8224_web.jpg

【2010/04/22 00:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MBA Peer School Forum 創設へ
来る4月16日(金)から18日(日)の三日間にわたり、Chicago, Columbia, Kellogg, HBS, MIT, StanfordのMBAプログラム7校のOutgoing とIncoming学生自治会長がWhartonに集まる。このPresident’s Summitは去年Kelloggで単発のイベントとして行われたものを、今後も是非続けていこうということで実現した。ホスト校として僕が議長を務めることになるため、今週は準備に奔走することになる。

以前のエントリーにも書いたとおり、昨年の会議以降、各校のPresidentと共に何度も電話会議を重ねてあるべき学校間のcollaborationの姿について議論を深めてきた。DeanやAdministrationのレベルでは、MBAのトップスクールの間では日常的に意見交換や会議が行われているのに、学生組織レベルではそのようなフォーラムが存在しなかった。ライバル意識や情報過疎に妨げられ、見逃してきた協調の機会がなかったか。学校ごとにバラバラにそれぞれのアジェンダ(ビジネス倫理強化や社会貢献活動や教育の品質向上など)に取り組むなかで、もっとお互いに協力できる部分があったのでは。昨年春の会議は学生自治会同士の横の連携がもたらすとてつもないポテンシャルを感じさせるに十分だった。

年末の電話会議の際に、President’s Summitを単なるアドホックなイベントで終わらせるのではなく、学校間連携のための通年の継続的な組織体を立ち上げることを提案した。金融危機以降、ビジネス教育に対する社会の視線が微妙にシフトしてきている中で、それを最も敏感に感じている学生たちの果たしうる役割は大きい。正式な組織として時間をかけて自治会同士の交流を深化させていくことができれば、複数校にまたがるイニシアチブや、学生側から学校へ教育内容の逆提案を行うポテンシャルも高まっていくに違いない。昨年の会議で学生の要望によりSocial Impact(社会活動)の専門部が最近創設されたWhartonのエピソードを紹介したところ、多くの他校のPresidentが興味を示してさらなる詳細を求めてきたのも、その一例だろう。僕の提案は了承され、Charter(憲章)のドラフトも色々な人から知恵を借りながら書き上げた。組織の名称も、MBA Peer School Forumに正式に決まり、後は今週末の調印を待つばかりだ。

Forumの目的を列記したCharterの前文の最後に、以下の一文を加えた。2年間の締めくくりとして、高い理想を掲げてMBAへ集ってくる後輩たちへ、大きな活躍の舞台を残していってあげたい。

"Whereas, the MBA student government organizations of the Member Schools recognize the impact of inter-school cohesion, collaboration, and shared values towards creating a positive influence at the intersection of business and society."

"NOW, THEREFORE, the MBA student government organizations of the Member Schools agree upon the foundation of this MBA Peer School Forum under the terms and conditions set forth in this charter."


【2010/04/12 20:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。